天気予報

14

2

みん経トピックス

小田原で苺のチーズケーキ南足柄で3.11コンサート

小田原にベジタリアン向け料理の出張カフェ 地元野菜使い「やさしい味」提供

小田原にベジタリアン向け料理の出張カフェ 地元野菜使い「やさしい味」提供

「KanaDee(カナディー)」の日替わりランチメニュー

写真を拡大 地図を拡大

 「香波's pop up cafe (かなみズ ポップアップカフェ)」が現在、東南アジア料理店「Dee (ディー)」(小田原市南鴨宮)でカフェ「KanaDee(カナディー)」の出張営業を行っている。

店頭に用意された告知プレート

 小田原市を中心に、出張カフェとして知人の店や庭などで限定営業している同店。店主の香波さんは「社会のリズムよりも、暮らしや体のリズムに合わせた働き方を模索している中で、料理をすること、カフェでゆっくりしてもらうこと、集まる人が出会うことの大切さを感じている。『自由に・楽しく・丁寧に』をモットーに調理している」と話す。

 ベジタリアン向けメニューがメインの同店では、主に地元の野菜や、豆、雑穀、乾物などの素材を中心に、味付けもシンプルな日本の伝統調味料を使い、やさしい味に仕上げているという。メニュー例は、ひよこ豆ごはん、黄ニンジンと新玉ねぎのサラダ、ほうれん草ごまあえ、ニンジンとごぼうの煮物、里芋の自家製みそあえ、車麩とロマネスコと紫ニンジンのフライwith 金柑ソース、お豆腐に梅酢ひじきのせ、種から育てた自家製たくあん、自家製梅干し、かぼちゃのスープ(ポップ黒米入り)など。すべて乳製品と卵不使用で、一つひとつが素材の味を生かしたメニュー構成という。日替わりのランチプレートは1,000円。

 香波さんは「豆腐を使い、しっとりしたパウンドケーキや、ひきたてのハンドドリップコーヒー、台湾の自然栽培の睡蓮花茶も人気」と話す。

 「KanaDee(カナディー)」の営業時間は10時~16時30分。3月23日と月曜・土曜・日曜定休。31日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

シェフと常連さんとが移転前に最後の晩餐(右がシェフ)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング