天気予報

14

2

みん経トピックス

小田原にバー併設のホステル開成町立文命中で救命講習会

小田原フラワーガーデンと伊豆箱根鉄道がコラボ 「ヒスイカズラトレイン」運行へ

小田原フラワーガーデンと伊豆箱根鉄道がコラボ 「ヒスイカズラトレイン」運行へ

「ヒスイカズラトレイン」の装飾をしたメンバー

写真を拡大 地図を拡大

 小田原フラワーガーデン(小田原市久野)と伊豆箱根鉄道(三島市大場)が3月9日、大雄山線(小田原~大雄山)で全国初となる「ヒスイカズラトレイン」の運行を始めた。

大雄山線5502編成車両と八木量子さん(右)、鈴木さくらさん(左)

 小田原フラワーガーデンで咲くヒスイカズラ。3月9日現在、5房ほど開花しており、241個のつぼみが確認できる。3月中旬~4月中旬にかけての見頃に合わせて運行する「ヒスイカズラトレイン」は、大雄山線の1編成(3両)の車内をヒスイカズラのデコレーションを1両に230房、1編成で690房ほど装飾。併せて、先頭車両にヒスイカズラをあしらったヘッドマークを掲出して走行する。運行は、大雄山線5502編成の車両で、1日に小田原駅~大雄山駅を16往復する。

 小田原フラワーガーデンの八木量子さんは「翡翠色(ひすいいろ)のとても珍しくて貴重な花を、少しでも多くの方に知ってほしいとの願いを込めて企画。花の形状や色、電車への設置方法など、試行錯誤しながら製作した。ぜひ、ヒスイカズラトレインに乗って、本物のヒスイカズラに会いに来てもらえれば」と来園を呼び掛ける。

 伊豆箱根鉄道の志村博さんは「大変珍しく、きれいな花で車両が華やかになった。ヒスイカズラが咲くと春。ぜひ春爛漫(はるらんまん)のヒスイカズラトレインに乗ってフラワーガーデンに行っていただければ」と話す。

 運行は4月27日まで。3月12日・17日・25日・28日、4月6日・10日~12日・17日は運休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

シェフと常連さんとが移転前に最後の晩餐(右がシェフ)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング