天気予報

11

3

みん経トピックス

小田原で「公民館カフェ」小田原・錦通り商店街で植栽

小田原の干物店「大半」が工場をリニューアル移転 「ひもの屋半兵衛」2号店併設

小田原の干物店「大半」が工場をリニューアル移転 「ひもの屋半兵衛」2号店併設

「ひもの屋半兵衛」2号店

写真を拡大 地図を拡大

 小田原の干物店「ひもの屋半兵衛」を経営する「大半商店」が3月24日、小田原市東町に製造工程を見学できる工場直結型2号店をオープンした。

奮闘する四代目の椙崎晃久さんとかなさん夫婦

 大正末期からアジ・カマスなどの干物やかす漬けの製造を手掛ける同店。現在は、三代目社長の椙崎信二さんが、大手小売業やスーパーなどに取引先を拡大。専務で四代目の椙崎晃久さんは、自社流通チャンネルの「ひもの屋半兵衛」を展開している。

 同店は、開発関係では「小田原アンチョビー」を皮切りにグルメ指向型の新商品や限定商品を販売。「チルドあじ」や「訳あり干物」なども同店を代表する商品に育っている。販売でも「干物の詰め放題企画」などのプロモーションを積極的に展開し、実績を積み上げてきた。

 移転の理由は、工場の老朽化と手狭になったことから。新工場は本社機能も併せ持つ。新設した工場に直結する「ひもの屋半兵衛」2号店について、椙崎晃久専務は「品質、とりわけ味にこだわりながら生産する様子も見学できる。工場直結の2号店のオープンで、小田原漁港エリアの1号店と併せて、お買い求めがより便利になった。来店してもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は9時~16時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ウィーンで手に入れた型を使ったクルミ割り人形クッキー
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング