見る・遊ぶ

東京混声合唱団、小田原で新春特別公演 「待ちぼうけ」など北原白秋作品も

東京混声合唱団公演の様子

東京混声合唱団公演の様子

  •  

 東京混声合唱団小田原特別公演「新春をいろどる合唱のひととき 東混が贈る心あたたまる世界のうた・日本のうた」が2019年1月20日に小田原市民会館(小田原市本町1)で開催される。

新進気鋭の若手指揮者・キハラ良尚さん

 日本を代表する合唱団「東京混声合唱団」の小田原公演のため期待する人も多い。当日、東混を率いるのは、ヨーロッパで研鑽(けんさん)を積み、東混との共演も重ねて、2019年4月より東混の次期常任指揮者への就任が決まっているキハラ良尚さん。ピアノの伴奏は力強い演奏のピアニスト・魚谷絵奈さんが担当。小田原少年少女合唱隊とマルベリー・チェンバークワイアが共演し、合唱指導を桑原妙子さんが行う。

[広告]

 今年で北原白秋が小田原に転入して100年。併せて、数々の名曲童謡の発表の場となった児童文芸詩「赤い鳥」も創刊100年に当たり、小田原は「文学のまち」として「白秋童謡100年」を迎えた。

 当日は小田原公演ならではのスペシャル・プログラム。北原白秋が作詞した「待ちぼうけ~林光編曲日本抒情歌曲集より~」、「赤い鳥小鳥(北原白秋童謡詩集)」のほか、小田原市板橋で暮らした作曲家・石井歓の合唱曲「あなたは風」などを披露する。

 14時30分開場、15時開演。料金は、一般=3,000円、中・高・大学生(24歳以下)=1,000円、4歳~小学生=500円。チケットかながわ(TEL 0570-015-415)で取り扱う。