箱根園水族館で「水族館のクリスマス」-「サンタエビ」話題に

人気のサンタエビ(シロボシアカモエビ)

人気のサンタエビ(シロボシアカモエビ)

  •  
  •  

 箱根園水族館(箱根町元箱根、TEL 0460-83-1151)で12月1日より、冬のイベント「水族館のクリスマス」が開催されている。

ツリーで賑やかに飾り付けされたサンタエビの水槽

 期間中、館内にはツリーなどを飾り付けクリスマスの雰囲気を演出するほか、音楽をクリスマス仕様に変更した「海中ショー」なども行っている。

[広告]

 中でも人気を集めているのが「サンタエビ」(正式名称=シロボシアカモエビ)。体長は3~5センチ。体全体が赤く、足先は白。まるで白い靴下を履いているように見えることから別名「サンタエビ」と呼ばれている。水槽内とその周りにはツリーやサンタなどを飾り付け、水槽内では5匹の「サンタエビ」が元気に泳ぎ回っている。

 同館広報担当の日高慎一郎さんは「既にご覧いただいたお客さまには『きれい』『かわいい』などとても好評いただいている企画。ぜひこの機会に見に来てもらえれば」と話す。

 営業時間は9時~17時(最終入館は閉館40分前まで)。入場料は、大人=1,300円、子ども(4歳~小学生)=650円。

 同25日まで。