見る・遊ぶ

湯河原町と神奈川県道路公社がコラボ お得な通行券を進呈「真鶴道路で帰ろう! 」

梅の季節には絶景となる「梅の宴」

梅の季節には絶景となる「梅の宴」

  •  
  •  

 湯河原町の施設で2,000円以上の買いものなどの消費をすると、神奈川県道路公社が運営する真鶴ブルーラインの通行券を1枚進呈する施策「真鶴道路で帰ろう! 」が2月1日~3月8日の期間限定で始まる。

対象施設のひとつ「町立湯河原美術館」のポスター

 湯河原町と神奈川県道路公社が連携して、それぞれが運営する施設の利用促進を図ることを目的にして行われる施策「真鶴道路で帰ろう!」。対象となる施設は、「梅の宴」会場内の各店舗(湯河原町鍛冶屋)、「町立湯河原美術館」(湯河原町宮上)、「こごめの湯」(湯河原町宮上)の3施設。

[広告]

 入場料や観覧料、土産や飲食などの合計が2,000円を超えると、真鶴ブルーラインの通行券(湯河原町吉浜~真鶴町岩)が1人1回に限り進呈される。通行券は合計7000 枚を上限とし、通行券の利用期間は2月1日~3月31日となる。

 推進する湯河原町観光課では「神奈川県道路公社真鶴道路管理事務所・真鶴ブルーラインとの協定締結で実現した施策。相互にプラスになると同時に、湯河原を訪ねていただく皆さまにはお得になる。皆さまの身近にある観光地として、湯河原温泉の魅力を体験してもらえれば」と呼び掛ける。