食べる

小田原の鮮魚店でイシダイ無料配布 待ちわびた市民でにぎわう

小田原市公設水産地方卸売市場買受人組合に所属する鮮魚店でイシダイが進呈された

小田原市公設水産地方卸売市場買受人組合に所属する鮮魚店でイシダイが進呈された

  • 5

  •  

 小田原市公設水産地方卸売市場買受人組合が主催する「お魚屋さんからの感謝祭!Gyo(ギョ) to 魚屋・第2弾」の一環として1月26日、「小田原の地魚・無料プレゼント」が行われ、磯の王者・高級魚イシダイが配布された。

「小田原の地魚・無料プレゼント」の告知ビジュアル

 地域の水産業活性化を目的に1月5日から開催している「Gyo to 魚屋」。中でも注目を集めていたのが「小田原の地魚・無料プレゼント」で、小田原市公設水産地方卸売市場買受人組合に所属する鮮魚店でイシダイを配布した。

[広告]

 第1弾が好評で第2弾を待ちわびる市民も多く、配布店には配付時間前から訪れる人も多かった。その一人が小田原在住の野瀬勝利さん。仕事を早めに一段落させて配付開始時刻の10時前には受け取りを予定する店に到着した。

 野瀬さんは「前回の第1弾が評判だった。今回は高級魚のイシダイ。刺し身にしてもらって味わいたい」と配付を待った。「配付数に限りがあるため不安もあったが無事にゲットできた」と喜びを隠さない。店でさばいてもらい家族で味わうという。

 配布店には事前に配付時間の確認などの電話が入るなど、各店はにぎわいを見せた。「イシダイを頂いたことで地元の鮮魚店と会話ができた」「これからはここ(配布店)で魚を買い求めたい。小田原漁港のことや漁師の話も聞けた」などの声が上がったほか、次回(第3弾)開催を期待する声も多かった。