見る・遊ぶ

古民家アートスペース「箱根やまぼうし」で「うるし展」

漆作家・山岸厚夫さんによる「仲間と愉しむうるし展」

漆作家・山岸厚夫さんによる「仲間と愉しむうるし展」

  • 0

  •  

 箱根の古民家アートスペース「箱根やまぼうし」(箱根町箱根、TEL 0460-83-1288)で4月13日、漆作家・山岸厚夫さんによる「仲間と愉(たの)しむうるし展」を開催する。

漆作家の山岸厚夫さん

 日本全国から12軒分の民家の古材を譲り受け「人々が集える楽しい空間」をコンセプトに再生された同施設。木のぬくもりに包まれた古民家で、展覧会をはじめ、コンサート、落語会などを開いている。

[広告]

 漆器の生産が盛んな福井県鯖江市の山岸さんの器は、木固めという木地にていねいに漆を染み込ませる工程の後に、さらに漆を塗り重ねているため丈夫な漆器に仕上げる。鮮やかな朱の色は使い込むほどに深みが増し、時間とともに輝きも強まるという。同展では、伝統的なデザインのものから、現代の生活に合った新作、そして古くなったレコードに漆を塗って再生した盆「レコ盆」などを展示する。併せて、4月13日・14日には山岸さんを迎えてギャラリートークを開く。

 展示時間は11時~17時(最終日は16時まで)。入場料は500円。同21日まで(17日は休館)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース