暮らす・働く

小田原の田んぼアート「猪鹿蝶」が姿を現す バランスの良い自然を目指して

小田原足柄異業種交流勉強会「おだあし田んぼアート」の「猪鹿蝶」

小田原足柄異業種交流勉強会「おだあし田んぼアート」の「猪鹿蝶」

  • 0

  •  

 小田原足柄異業種交流勉強会のプロジェクト「おだあし田んぼアート」が6月6日に田植えを行った「猪鹿蝶(イノシカチョウ)」が、稲の発育にあわせて姿を鮮明にしてきている。

6月6日に行われた田植えの様子

 今年のテーマとなった「猪鹿蝶」を花札にあわせて、猪・鹿・蝶と萩・紅葉・牡丹6種類の絵柄で田んぼアートに挑戦。夏場の暑さのトラブルで、紅葉や萩の実、牡丹の花びら、蝶の羽の模様などを描く「あかね色」の稲が姿を消してしまうトラブルに見舞われたが、上空からだと形がみえるようになった。

[広告]

 同会のコアメンバーでプロジェクトを推進する志村成則さんは「3カ月前に100人で力を合わせて田植えを行った。小田原近郊では、シカやイノシシによる被害が多い。海と山と里山の自然のバランスが良い環境を願って描いた作品。今後も活動を続けていきたい」と意気込みを話す。

 収穫は稲の発育状況から判断して、9月末~10月ごろを予定するという。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース