天気予報

19

10

みん経トピックス

小田原・真鶴・熱海が面白い箱根・明神ヶ岳で初日の出

複合型ランニングイベント「箱根ランフェス」 箱根町、JTB、読売新聞が連携開催

  • 0
複合型ランニングイベント「箱根ランフェス」 箱根町、JTB、読売新聞が連携開催

「箱根ランフェスむを発表する登壇者。左よりジェイティービー常務取締役・大谷恭久さん、箱根町町長・山口昇士さん、箱根町観光協会理事長・勝俣伸さん、箱根温泉旅館ホテル協同組合理事長・鈴木茂男さん

写真を拡大 地図を拡大

 箱根町やJTBグループなどで構成される「箱根ランフェス実行委員会」は、2017年5月20日・21日にランニングイベント「箱根ランフェス2017」を開催する。

左より佐藤渉、原俊介、大谷恭久、山口昇士、勝俣伸、鈴木茂男、須藤希久の各氏

 「楽しさを競おう」をキャッチフレーズに行われる「箱根ランフェス」は、箱根を舞台にした複合型ランニングイベント。箱根の持つ自然、温泉、観光、富士山を望む景観の中で走る魅力を最大限に活用して、ランニングを中心に多彩なイベントを展開する。

 箱根湖畔ゴルフ場付近をスタートし、芦ノ湖スカイライン南側出入口を折り返す「箱根ビューラン(ハーフ)」、箱根湖畔ゴルフ場付近をスタートし三国峠で折り返す「三国峠ラン(7.5キロ)」や、ステージイベント、飲食、物産、企業ブース、スポーツ体験などのエンターテイメント企画などを予定する。

 同実行委員会は、スポーツツーリズムによる地域活性化にコミットしたパートナー企業を募集し、行政と企業が連携して箱根を舞台に継続的な活動を推進する組織づくり視野に入れている。併せて、「箱根ランフェス」の開催だけでなく、アクティブに箱根を楽しむ新たな旅行スタイルを構築するため、通期で「箱根ランプロジェクト」を推進し、ランナーやスポーツファンの受け入れ整備やコンテンツの発信を行うとしている。

 箱根町・町長で実行委員会委員長の山口昇士さんは「自然環境と名峰富士の景観を望みながらスポーツ・アウトドアが融合した誰もが楽しめるフェスティバルを行う意義は大きい。自然を守りながら旅行者を受け入れスポーツとエコロジーが共存した誘客資源を拡大していくことを目指していきたい」と話す。

 ジェイティービー・常務取締役で同実行委員会委員の大谷恭久さんは「JTBグループは、箱根町と包括的連携協定を締結し、質の高い観光地づくりと活性化のお手伝いをしている。まさに、『箱根ランフェス』はこの協定を前提とした事業。JTBのもつ旅行商品だけでなく、スポーツツーリズムの知見や地域ブランディングのノウハウ、プロモーションスキルなどを総動員して行きたい」。今後は企業が地域を支えるCSVの新しい形として提案していきたい」と意欲を言葉にする。

 実行委員会メンバーは次の通り。箱根町、箱根町教育委員会、一般財団法人箱根町観光協会、箱根温泉旅館ホテル協同組合、箱根仙石原観光協会、箱根仙石原温泉旅館組合、神奈川県県西地域県政総合センター、小田原箱根商工会議所、芦ノ湖スカイライン株式会社、小田急箱根ホールディングス株式会社、伊豆箱根鉄道株式会社、神奈川県タクシー協会小田原支部、星槎大学箱根キャンパス、田中新聞店、神奈川県立芦ノ湖キャンプ村、箱根湿生花園、JTBグループ。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

箱根の天然水を使った飲料水「箱根の森から」「箱根の森から緑茶」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング