食べる

「天ぷら満天」で勇気づけられ教えられる包装紙 アーティストとコラボして制作

「天ぷら満天」の包装紙が一新

「天ぷら満天」の包装紙が一新

  •  

 「天ぷら満天」(大井町金子、TEL 0465-46-9789)で持ち帰りや天ぷら弁当の包装紙のデザインが「勇気づけられる」「教えられる」と話題を集めている。

天ぷら満天の包装紙(表)

 天ぷらの老舗「銀座・天一」や「ハゲ天」で修業した渡辺賢吾さんがオーナーの「天ぷら満天」。リーズナブルな価格で本格的な天ぷらを食べることができると評判になり、常に店頭はにぎわいを見せている。

[広告]

 「多くの人においしい天ぷらを提供したい」との気持ちから、「開店と同時に総菜関係の許可を取得し、天ぷらのお弁当や、天ぷらを主体とした総菜の提供を続けている」と渡辺さん。味が良くボリュームのある「天ぷら弁当」は、近隣のスーパーなど3店舗に提供し好評を博している。

 渡辺さんは「お弁当を食べて元気になってもらいたい」と、包装紙のデザインを一新した。イラストは、秦野市で「LaveちゃんShop」を拠点にして活動するアーティストの「CHIYONO」さんに依頼。渡辺さんは「デザインやイラストで人々に元気を与える活動をしている方でとても良い暖かみのある包装紙になった」と話す。

 この包装紙を6月8日から使用したところ評判となり、来店客からも「包装紙を見たいからお持ち帰り1つ」と注文も出る。天ぷらなので「天」を「10(テン)」にかけて元気になる10の文章をイラストと文字で表現。この文章の中には、渡辺さんとCHIYONOさんの願いが込められているという。

 営業時間は11時~15時、17時~21時30分。