見る・遊ぶ

小田原・箱根地域でこの夏「忍者」が活躍 水陸両用バスや宿泊プラン

好評の「忍者バス(NINJABUS WATER SPIDER)」

好評の「忍者バス(NINJABUS WATER SPIDER)」

  •  
  •  

 「風魔忍者ゆかりの地」と言われる小田原と箱根地域ではこの夏、観光客や宿泊客の間で「忍者」が活躍し、観光施設や宿泊施設で笑顔にあふれた光景が見られた。

夏の間、ホテル内のロビーや庭に数多くの忍者が出現した

 4月27日に運航を開始した箱根芦ノ湖初となる新アトラクション水陸両用バス「NINJABUS WATER SPIDER」。伊豆箱根鉄道グループの伊豆箱根バスが元箱根と箱根園の2カ所から1日各3便、計6便を運航している。

[広告]

 陸路と水路を1周約45分で周遊。陸路では、芦ノ湖畔や箱根神社前の杉並木などを走行。水路では、箱根園港から芦ノ湖に大きな水しぶきをあげダイナミックに入水して芦ノ湖を進む。夏の期間、ファミリーや外国人観光客に注目されにぎわいを見せた。

 伊豆箱根鉄道の芹澤章裕さんは「国内の方には忍者の魅力を改めて感じてもらい、海外の方には日本で人気のある忍者を知ってもらうことを目的にして『NINJABUS』と命名した。乗られた方の多くが忍者になった気持ちになり楽しんでいた」と話す。

 「小田原流忍者修行」を達成すると認定の忍者になれるのが、ヒルトン小田原リゾート&スパの「忍者プラン」。毎年恒例の企画商品で、4~12歳の子ども連れファミリーを対象にしている。

 客室にある札に書かれた「忍務」を皮切りに、忍者衣装に身を包み、札を集めながら徐々に明らかになっていくミッションをこなしていく。忍務を終えると「ヒルトン小田原忍者」として認定し、グッズが進呈される。プランには特典として、朝食ブッフェと忍者服の貸し出しが付く。

 ヒルトン小田原の高橋厚子さんは「例年開催している忍者プランは、今年も募集をした時点からすぐに予約を頂き、人気が高いことを実感した。忍者衣装に身を包んだ子どもを追いかけ写真に収めたり、声をかけていたりと楽しんでいる。小田原の特色を体験できる宿泊パックとして今後も継続していきたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加