見る・遊ぶ

小田原で初のロゲイニング競技大会 頭脳力と移動力が勝敗決める

県立おだわら諏訪の原公園多目的広場

県立おだわら諏訪の原公園多目的広場

  •  

 小田原地域では初開催のロゲイニング競技大会「第1回あしがらロゲイニングin諏訪の原公園」が10月14日に開催される。湘南ゴールドエナジーランニングクラブとあしがらロケーションズの共催。

「第1回あしがらロゲイニングin諏訪の原公園」訴求ツール

 ロゲイニングとは、地図をもとに時間内にチェックポイントをできるだけ多く周り得点を競う競技。全スポットを回るのは物理的にほぼ不可能なため、どこを回るかなど判断力なども試される。

[広告]

 チームごとに作戦を立て、チェックポイントでは見本と同じ写真を撮影。撮影された写真がエビデンス(証拠)となる。読図力、戦略・戦術力、移動力などが必要。ヒントは地図とコンパスのみ。進むべきルートを判断し、どのルートでチェックポイントを取るかの方針を定め到達する移動力の発揮とチームワークが勝利を決める。ロゲイニングは現代生活で忘れがちなさまざまなアウトドア・冒険能力が試される。

 今回の競技規程として、ランだけではなく公共交通機関の使用も可能にするなどしているため多様な年齢層の人々が楽しめる。スタート&フィニッシュは、神奈川県立諏訪の原公園だが、チェックポイントは公園の外を出て広いエリアに設置。変化に富んだコースが楽しめる。

 推進する守屋佑一さんは「ロゲイニングを通じて、小田原や南足柄にあるいろんなスポットを地元の人も地元以外の人にも知ってもらえたらとてもうれしい。走りや歩きを交えつつ公共交通機関も使用できるし、巡るルートによって走力も試されるので、ぜひ挑戦してみてほしい」と話す。

 チーム人数の目安は1チーム2人~4人。定員は50チーム。参加費は1人2,000円(19歳以下は1,000円)。表彰はポイント上位3位まで。参加賞として、湘南ゴールドエナジー等を進呈する。参加申し込みはランニングイベントエントリーサイトで受け付けている。