暮らす・働く

「神奈川県住みます芸人」アホマイルド坂本さんが「スポーツGOMI拾い」立案

ソーシャル・ビジネスとして「スポーツGOMI拾い」の事業内容を発表するアホマイルド坂本さん

ソーシャル・ビジネスとして「スポーツGOMI拾い」の事業内容を発表するアホマイルド坂本さん

  •  
  •  

 吉本興業が展開する「神奈川県住みます芸人」のアホマイルド坂本さんが、県内の環境美化を目的にゴミ拾いをスポーツ感覚で行う「スポーツGOMI拾い」事業の立ち上げに奔走している。

ソーシャル・ビジネスの事業を立ち上げる「住みます芸人」と応援する西川きよしさん

 貧困層を対象にした比較的低金利の無担保融資を主に農村部で行っているバングラデシュのグラミン銀行を創設し、2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス博士が提唱し注目を集めるソーシャル・ビジネス。ユヌス博士が提唱する7原則を守って各国で事業が展開されている。

[広告]

 吉本興業は、ユヌス博士の提唱する「ユヌス・ソーシャルビジネス」の実践と普及に向けて提携することで合意。2018年2月1日に「ユヌス・よしもとソーシャルアクション(yySA)」を設立し、具体的な事業を推進している。全国にいる住みます芸人が事業計画を立案して立ち上げ作業を行っているのもその一環。

 アホマイルド坂本さんが企画し推進する「スポーツGOMI拾い」は、神奈川県内をきれいにすることを目的にゴミ拾いを競技として位置付け、ゲーム性とエンターテインメント要素を加えて得点を競い合う方法を立案。「ユヌス博士が提唱するソーシャル・ビジネス」の実現を目指しているという。

 5月13日に都内で行われた「全国住みます芸人によるソーシャルビジネス」の発表会見で坂本さんは、西川きよしさんらの前で、「ルールを決めて楽しくゴミ拾いを行いきれいな神奈川県を目指す」と力強く宣言。現在、清掃メンバーの募集準備を行っており、8月にはスポーツゴミ拾いの活動がスタートする。

  • はてなブックマークに追加