見る・遊ぶ

「冷やし温泉はじめました」 箱根芦ノ湖畔日帰り温泉「龍宮殿」低温泉提供

富士山が見える絶景が評判に

富士山が見える絶景が評判に

  •  
  •  

 絶景日帰り温泉「龍宮殿本館」(箱根町元箱根)で、温泉を長い時間楽しむことができるように水温を低く設定した「低温泉」の露天風呂を用意し利用者に喜ばれている。

台湾出身のスタッフ劉美余(リュウ ミーヨ)さんがお薦め

 箱根は「箱根十七湯」と呼ばれ大小17の温泉からなる日本有数の観光地。「プリンスグランドリゾート箱根」のひとつ「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」は2017年7月に宿泊施設から日帰り温泉としてリニューアルした。全ての浴室から芦ノ湖、箱根外輪山、富士山を眺められる。

[広告]

 「箱根では、富士山の見える場所では温泉は涌かない」と言われていたが、箱根十七湯の中で最も新しい十七番目の湯「蛸川温泉」が源泉。泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉で、弱アルカリ性(Ph7.7)のため「湯ざめしにくい」と評判が良い。

 夏の温泉はイメージとして熱いと思われがち。景色を楽しみながら温泉に浸かって欲しいと、温度を低く設定したところ利用者から好評。熱い温泉が苦手な方が多い外国人観光客からも喜びの声が上がっている。

 龍宮殿本館のスタッフで台湾出身の劉美余(リュウ ミーヨ)さんは「芦ノ湖と富士山の絶景が自慢の温泉。避暑地箱根でも温泉に時間をかけて入浴するとやはりのぼせてしまう。露天風呂を低温度に設定したことで、絶景をながらゆっくり入浴できる。来館していただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は8時~20時。料金は、大人(中高生含む)=1,800円、子ども(小学生)=1,000円、幼児(3才以上)500円。消費税・入湯税別。

  • はてなブックマークに追加