新小田原食ブランドに「ODAWARA AJIなバーガー」-陳健一さんら選ぶ

「かまぼこは細かく刻んで使うとかまぼこの塩分が出ていい味付けになる」(陳建一さん)

「かまぼこは細かく刻んで使うとかまぼこの塩分が出ていい味付けになる」(陳建一さん)

  •  

 9月1日に開催された「新小田原食ブランドコンテスト」で審査の結果、「ODAWARA AJIなバーガー」がグランプリに決定した。主催は小田原青年会議所。

 当日はあいにくの雨模様にも関わらず、会場の宏和パーキング(小田原市栄町)には多数の来場者が詰めかけた。

[広告]

 最終審査では、「しっとり金目の鯛ご飯」「小田原おでん」「地アジの天かけそば」「早雲にぎり」「ODAWARAブリート」「ODAWARA AJIなバーガー」の6ブランドに絞られ、会場に設けられた飲食ブースでは来場者がそれぞれのメニューを吟味した。

 審査は、来場者の投票と6人の審査員で行われ、当日は審査員兼アドバイサーとして「中華の鉄人」陳建一さんも参加した。

 審査の結果、グランプリには小田原蒲鉾水産加工業協同組合さんが出品した「ODAWARA AJIなバーガー」が選ばれ、審査員を代表して陳建一さんから表彰状、記念品などが手渡された。

「かまぼこは中華にもよく使うので、エントリーされたメニューの中でも特に興味があった」(陳建一さん)。

 見事グランプリとなった「ODAWARA AJIなバーガー」は、今後小田原を代表する新ブランドとして各所で展開する予定。