見る・遊ぶ

小田急線に藤子・F・不二雄のキャラクター電車-終点・小田原駅で撮影も

ドアを「どこでもドア」にするなど、なじみのキャラクターが車両を彩る

ドアを「どこでもドア」にするなど、なじみのキャラクターが車両を彩る

  •  
  •  

 小田急電鉄(東京都新宿区)が現在、藤子・F・不二雄さんのキャラクターで装飾した特別電車「小田急 F-Train(エフトレイン)」を運行している。

 小田急沿線の川崎市多摩区に「藤子・F・不二雄ミュージアム」が9月3日オープンするのを記念して運行する同列車。ドラえもんをはじめとする代表作10作品のキャラクターで車両全体をラッピング。編成は10両で、車両ごとにデザインを変えている。

[広告]

 外観だけでなく、車内各所にもキャラクターを配置。窓やドアの上には各作品のストーリーなどを紹介するポスターを掲示。ドアには「ドラえもん」の指はさみ防止ステッカーを貼る。ほかにも、つり革にキャラクターを表すアイコンをモチーフにしたステッカーを貼るなど、細部まで楽しめる工夫を施す。

 箱根では現在、藤子・F・不二雄さんのキャラクターを使った「小田急箱根スタンプラリー」(参加条件あり)も開催中。町内6カ所、御殿場アウトレット1カ所にスタンプ台を設置。6種のキャラクタースタンプを4種以上集めると「特製クリアファイル」を進呈する。

 終点の小田急線小田原駅では数分の停車時間があり、箱根に向かう多くの乗客が車両にカメラを向けている。運行時間は日替わりとなるため事前の確認が必要。

  • はてなブックマークに追加