天気予報

28

20

みん経トピックス

湯河原で1日限りのカフェロマンスカーでスイーツ

小田原ラグビー協会が活動活発化 ラグビー注目の機運に乗り新計画も

小田原ラグビー協会が活動活発化 ラグビー注目の機運に乗り新計画も

「小田原市ラグビーフットボール協会」の高橋会長

写真を拡大 地図を拡大

 地域でのラグビーの振興・普及・支援を目的にして2015年9月1日に設立された「小田原市ラグビーフットボール協会」の活動が加速している。 

「小田原ラグビースクール」の様子

 2019年に日本開催予定の「ラグビーワールドカップ」の会場地に神奈川県横浜市が選ばれ、小田原市も日本代表チームの強化合宿地として2017年から活用されるなど、現在、小田原・箱根エリアではラグビー熱が高まっている。

 同協会会長の高橋敦朗さんは「ラグビーが注目されているが、横浜と小田原の2市が中心となってラグビーの振興に力を入れるべき時が来たと思う。ラグビーがスポーツと地域と子どもたちを育てていく」と話す。

 同協会の協力で幼児(満3歳から)・小学生・中学生を対象とした「小田原ラグビースクール」も開講され、多くの子どもたちが所属してラグビーを楽しんでいる。今後、成人を対象にしたコースの開講も検討している。高橋さんは「これによって地域のラグビー人口が確実に増加する」と自信を見せる。4月には新たな活動計画の発表も予定しているという。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ティボリ市内の旅行社に湯河原町へのツアー企画を要請のため訪問
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング