天気予報

11

3

みん経トピックス

小田原の干物店が2号店小田原で赤いスイーツ提供

小田原の商店街で新設プランターへ植栽 「街なか緑化事業」の一環で

小田原の商店街で新設プランターへ植栽  「街なか緑化事業」の一環で

プランターに植栽をする様子

写真を拡大 地図を拡大

 小田原錦通り商店街協同組合は3月24日、北條ポケットパークなど商店街に新設するプランターなどへの植栽と手入れの講座を行った。

事前に手入れ講座も開催

 同商店街の緑化工事は小田原市が3カ年計画で進めている「街なか緑化事業」の一環として行われる。2年目に当たる本年度は、同商店街がモデル地区に指定され、昨年4月から商店街理事や加盟店が検討を続けて行動計画を立案。3月下旬から緑化工事が本格的にスタートした。

 当日は、プランターへの植え込みと講座が行われ、小雨が混じるあいにくの天候にもかかわらず加盟店から30人が参加。造園職人の応援もあり、約50人で商店街各所に設置したプランターに植物を植えた。

 同組合・理事長の古川孝昭さんは「加盟店の商店街に対するさまざまな思いがようやく形となった。今後も植栽の維持管理を行い、よりお客さまにやさしく、親しみのある商店街にしていきたい」と話す。

 緑化工事は3月末までに終了。5月にお披露目を兼ねたイベントを予定する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ウィーンで手に入れた型を使ったクルミ割り人形クッキー
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング