食べる

干物店でミカンが順調な売れ行き-土産に干物とミカンの組み合わせ

干物とミカンを販売する井原直子さん(左)と高橋来美さん(右)

干物とミカンを販売する井原直子さん(左)と高橋来美さん(右)

  • 0

  •  

 小田原の「ひもの屋半兵衛」(小田原市早川、TEL 0465-42-9755)で現在、小田原産のミカンが売れている。

「ひもの屋半兵衛」の店頭に置かれたミカン

[広告]

 利用客の大半が観光客の同店。新鮮な魚を干物にしているため味がよく、土産としてリピーターも多いという。同店を経営する大半商店4代目の椙崎晃久さんは「ミカンも小田原の名物」と、店頭に置いて販売を始めたところ想像以上の売れ行きを見せた。

 小田原市郊外の緩やかな傾斜で、日差しをいっぱいに浴びて作られているため、「甘みもあり、味わい深い」ミカンになるという。椙崎さんは「小田原の名物である干物とミカンを同時に求めるお客さんが多い。どちらもおいしいので、お試しいただければ」と話す。

 価格は400円(6個~9個)。営業時間は9時~17時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース