見る・遊ぶ

箱根ラリック美術館で「野鳥通信」発信-訪れるマガモなどをリポート

箱根ラリック美術館を訪れたマガモ

箱根ラリック美術館を訪れたマガモ

  • 0

  •  

 箱根ラリック美術館(箱根町仙石原、TEL 0460-84-2255)は現在、公式サイトのコンテンツ「ミュージアム新着情報」で「ラリック野鳥通信」を発信している。

箱根ラリック美術館の庭でくつろぐマガモ

 同館にやって来る野鳥を同館の石井恵美さんがリポートして発信している同コンテンツ。箱根仙石原には多くの野鳥が生息しており、敷地内に多様な樹木がある同館を訪れる野鳥も多い。石井さんは訪れてきた野鳥を驚かさないように写真を撮り、4月2日までで28回のリポート配信を行ってきた。

[広告]

 最新回で取り上げたのはマガモ。オス1羽が敷地内の池で泳いでいると、つがいのペアが飛来。あまりにも仲の良いペアに気まずくなったと見えるオス1羽は池を出て、同じく飛んできた別のオスに近づくが相手にされず、庭で1羽、まったりとくつろいでいたという。

 石井さんは「マガモにとって、今は恋の季節。すてきなパートナーが現れるのを願っている」と話す。

 開館時間は9時~17時。入館料は、大人=1,500円、高校生・大学生・シニア(65歳以上)=1,300円、小学生・中学生=800円。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース