食べる 暮らす・働く

ホテルはつはな、富士山の四季をスイーツで表現-箱根スイーツコレクション

「ホテルはつはな」は「麗峰富士の四季(ルイボスティー付)」で箱根スイーツコレクションに参加

「ホテルはつはな」は「麗峰富士の四季(ルイボスティー付)」で箱根スイーツコレクションに参加

  •  

 小田急リゾーツが運営する「ホテルはつはな」(箱根町須雲川、TEL 0460-85-7321)のレストラン「つつじの茶屋」は現在、「箱根スイーツコレクション2013秋」に富士山ざんまいの和スイーツ「麗峰富士の四季」で参加している。

「ホテルはつはな」のレストラン「つつじの茶屋」から見える湯坂山の風景

 箱根・小田原のホテルやレストラン34店舗が参加する同コレクション。世界文化遺産登録にちなんで今回のテーマは「富士山スイーツ」。同ホテルでは、1皿で4種類のスイーツが味わえる「麗峰富士の四季(ルイボスティー付き)」を用意。懐石料理を提供する「つつじの茶屋」らしい「春夏秋冬の富士」を表現した和スイーツに仕上げた。

[広告]

 「秋」は、旬の味覚であるサツマイモを富士山に見立てて作った羊羹(ようかん)を抹茶羊羹の中に閉じ込め、2つの甘さを味わえた。「春」は桜をイメージしたピンク色の牛乳豆腐、「夏」はレアとベイクドの2種類のチーズケーキ、「冬」は白と黒ゴマの煎餅をまぶし、中に餡(あん)を入れた雪の牛乳豆腐(白ごま風味)。4点のスイーツで四季の富士山を表現している。

 価格は1,200円。提供時間は11時30~14時。1日限定20皿。11月10日まで。