暮らす・働く

装い新たに「小田原・箱根手形」発売-エリア回遊性に期待

12月15日に販売が始まった「小田原・箱根手形」(600円・税抜き)

12月15日に販売が始まった「小田原・箱根手形」(600円・税抜き)

  •  
  •  

 小田原市商店街連合会は12月15日、小田原や箱根の各施設・店舗で多彩な特典が受けられる「小田原・箱根手形」を発売した。

 2009年から発行されている「小田原手形」。今回より、サービス提供店の範囲を箱根エリアまで拡大し、名称も「小田原・箱根手形」と改称。手形の販売拠点を増やし購入しやすくした。小田原城、地球博物館、箱根の美術館など使用える施設を増やし、入場割引などの特典を充実させる。

[広告]

 手形は箱根寄せ木細工で作られており、模様などのデザインは箱根神社の絵馬を踏襲。干支(えと)が上部に描かれている。

 同連合会の古川孝昭会長は「新しい手形を使って小田原・箱根の魅力に触れてほしい。この手形が小田原・箱根を訪れた観光客などの回遊性につながれば」と期待を寄せる。

 価格は600円(税抜き)。初回は5000個製作。販売は来年10月まで。

  • はてなブックマークに追加