暮らす・働く

開成町で今年も「あじさいまつり」 町制施行60周年を記念

約5000株のアジサイが咲き誇る開成町

約5000株のアジサイが咲き誇る開成町

  •  
  •  

 神奈川県で一番小さな町・開成町で6月6日から、「開成町あじさいまつり」が開かれる。

アジサイの開花にあわせて開催される「開成町あじさいまつり」

 6月になると、「あじさいの里」や17ヘクタールの水田地帯の農道や水路沿いに植栽された約5000株のアジサイが咲き誇る同町。同まつりは28回目となり、町制施行60周年を記念した節目の開催となる。

[広告]

 水路には水が勢いよく流れ、その水で育まれるアジサイは、青、赤、白と順番に咲き続けていく。緑一面の田畑と虹色に咲くアジサイとのコントラストは美しく、多くの観光客の目を楽しませている。

 「あじさいの里」を含む3会場では、阿波おどり、太鼓の演奏、コンサートなどのイベントや、開成町ブランド認定産品の販売などを行う。期間中、「特急ロマンスカーはこね15号」が開成駅に臨時停車する。

6月14日まで。

  • はてなブックマークに追加