食べる

「箱根スイーツコレクション2015秋」 参加36店の力作出そろう

レストランブライトの「パルトネール&ミゼラブル」

レストランブライトの「パルトネール&ミゼラブル」

  • 0

  •  

 箱根エリア(御殿場・小田原を含む)で9月1日から始まる「箱根スイーツコレクション2015秋」に参加する36店の自信作が、出そろった。

箱根カフェの「ほっこりスイートポテトパイ」

 今回のテーマは「レトロ&モダン」。各店のパティシエが、どこか懐かしさを感じさせるレトロなスイーツに挑戦。昔ながらの食材を今風にアレンジしたスイーツなど魅力的な味を開発したという。

[広告]

 旬のクリと果実をモチーフに新旧ケーキを食べ比べできるのが「レストランブライト」(箱根町箱根、TEL 0460-83-6845)の「パルトネール&ミゼラブル」(864円、ドリンクセットは追加で324円)。シェフ新提案のみずみずしい酸味が特徴の「パルトネール」と、クリの香りとなめらかで清涼感のあるバタークリームで作る伝統菓子「ミゼラブル」を提供する。

 こだわりのパンで今と昔のスイートポテト対決を味わえるのが「箱根カフェ」(箱根町湯本、TEL 0460-85-8617)の「ほっこりスイートポテトパイ」(650円、コーヒーまたは紅茶付は950円)。サツマイモあんが詰まった三日月型のパンは、素朴で懐かしい味わいを再現。サクサクのデニッシュは、コロッとした芋の食感とバターが際立つ味に仕上げた。

 真っ赤なリンゴを焼かないでアップルパイにした「富士屋ホテル」(箱根町宮ノ下、TEL 0460-82-2211)の「ラウンジ オーキッド」では、「Pommier(ポミエ=リンゴの木)」(1,000円、コーヒーまたは紅茶付は1,780円)。ホテルに代々受け継がれてきたアップルパイのレシピをもとに、モダンな生ケーキにアレンジして提供する。

 各店は工夫を凝らしてテーマである「レトロ&モダン」をスイーツで表現。今までにない力作が出そろった。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース