見る・遊ぶ 暮らす・働く

秦野市で桜の競演 丹沢の山と富士山を背景に

全長6.2キロにおよぶ「はだの桜みち」

全長6.2キロにおよぶ「はだの桜みち」

  • 0

  •  

 三方を丹沢山塊(かい)に囲まれた秦野市で3月下旬から1万2000本の桜が開花の見頃を迎える。

「弘法山公園」では公園一帯の桜が咲く

[広告]

 同市では「中央運動公園」「弘法山公園」「はだの桜みち」が「3大桜スポット」と言われ、丹沢の山々や富士山と競演する桜景色を見ることができる。

 目の前に丹沢の山々が連なる「中央運動公園」は、水無川沿いに約1キロにわたって桜並木が続き、丹沢山塊や富士山を借景に河川敷での花見を楽しめる。

 「弘法山公園」では、公園一帯の約1800本のソメイヨシノ、50本のオモイガワザクラなど、山全体が桜色に染まる。昨年一般公募で愛称が決定した「はだの桜みち」は、西大竹から堀山下まで(県道62号・西大竹交差点~県道706号・新橋交差点)の神奈川県で一番長い6.2キロも続く桜並木が鑑賞できる。

 「第33回秦野桜まつり」(3月26日・27日)や「桜のライトアップ」(3月中旬~4月上旬)、ウオーキングイベントなども行われる。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース