見る・遊ぶ 買う

小田原で「レコードクリーニングとレコードジャケット展」 「オモテとウラ」テーマに

「レコードクリーニングとレコードジャケット展」を推進した高橋雅人さん(右)と服部全宏さん・玉虫宏考さん

「レコードクリーニングとレコードジャケット展」を推進した高橋雅人さん(右)と服部全宏さん・玉虫宏考さん

  • 10

  •  

 ラジオ番組の制作や音響(PA)のディレクションをする高橋雅人さんが現在、「レコードクリーニングとレコードジャケット展」を「Guitar&Coffee まほらま」(小田原市南町)で開催している。主催はレコードクリーニングタカハシ。

レコードジャケット展示の様子

 昨年9月に1週間にわたり開催された同展。展示されるレコードジャケットを見に来る人や、レコードのクリーニングをしたい人でにぎわいを見せた。次回開催の要望も多く寄せられたため、内容の充実を図って第2回を開催した。

[広告]

 レコードジャケット展示は、テーマを「オモテとウラ」に設定。高橋さんの旧友でもあり、FMおだわらの番組「Radio Freedom FM」のコーナー「GPDX24(ジーピーディーエックス24)」で協力しあう「Galloping Gourmet Nippon」の服部全宏さんと、玉虫宏考さんが参画して行った。「アートとしてのレコードジャケットの持つ魔力を斬新な視点で楽しむ展示に仕上がって好評。ちょっと面白いグッズの販売もある」と高橋さん。

 レコードクリーニングは、超音波によるクリーニングを実施。大切な1枚をきれいにするために来場する人も多いという。

 高橋さんは、「レコードジャケットに込められたメッセージに思いをはせるのもよし。家で今はもうレコードを聴けないから久しぶりに聴いてみたいと、お気に入りの1枚を持参するもよし。レコードを多角的に楽しみましょうという企画。遊びに来てもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は13時~19時(金曜・土曜は21時まで)。木曜・日曜は休み。入場無料。4月29日まで。

  • はてなブックマークに追加