食べる 見る・遊ぶ

箱根スイーツコレクション2018秋 こだわり野菜で「ベジスイーツ」の競演

「茶房うちだ」の「かぼちゃとほうれん草のマーブルシフォン」

「茶房うちだ」の「かぼちゃとほうれん草のマーブルシフォン」

  •  

 箱根で「カラダ癒されスイーツ」をテーマに開催されている「箱根スイーツコレクション2018秋」で野菜を使った「ベジスイーツ」が注目を集めている。

「デリ&カフェ みつき」の「生ドーナツトリオと甘酒の3層パフェ」

 連休に入り観光客が増加している箱根。箱根湯本エリアは、観光の起点として多くの人々でにぎわいを見せている。この地域からスイーツコレクションに参加しているのは「茶房うちだ」、「デリ&カフェ みつき」、「天成園・カフェプルミエール」の3店。

[広告]

 「茶房うちだ」の自信作は「かぼちゃとほうれん草のマーブルシフォン」(1,100円・抹茶・コーヒー・紅茶から1ドリンク付き)。人気のシフォンに、かぼちゃとほうれん草を練り込んだスペシャルな仕様。「付け合わせのはちみつレモン漬けのトマトは、格別のおいしさ」の声も上がる。

 「デリ&カフェ みつき」では「生ドーナツトリオと甘酒の3層パフェ」(980円、コーヒーまたは紅茶のセット=1,280円)を提供。トマト、かぼちゃ、枝豆の3色野菜の生ドーナツは、「ほんのり甘い野菜の味でクセになりそう」と好評。パフェの下には、はちみつレモンゼリー、豆乳クリーム、甘酒ムースが3層になり、甘さと食感のハーモニーを演出している。

 「天成園・カフェプルミエール」は「Bont de la terre・大地の恵」で参加。つぶつぶ食感あふれる五穀アイスを、かぼちゃ・紫芋・さつま芋・ニンジン・トマト・ゴボウ・いんげんの野菜チップでサンド。野菜のパリパリ感と、ムースのふわふわ感で、3つのスイーツが味わえる。

 「箱根スイーツコレクション」に参加している店舗を回遊して味わう観光客も多く、秋の行楽シーズンを控えて各店は提供するスイーツ作りに忙しい。