食べる

箱根スイーツコレクション2018秋 和食料理長が考案「和風パンケーキ」

「さつまいもと雑穀米の和風パンケーキ」

「さつまいもと雑穀米の和風パンケーキ」

  •  

 ホテル・美術館・飲食店など33店のシェフやパティシエが「カラダ癒されスイーツ」をテーマに競う「箱根スイーツコレクション2018秋」で、和食の料理長が開発した和風感覚のパンケーキが注目を集めている。

ホテル1階の「ラウンジ・バー」

 中村圭三料理長は「小田急 山のホテル」(箱根町元箱根)の和食料理の総責任者。岩崎男爵の別邸時代に設けた茶室に付けた名前がそのまま使われている「つつじの茶屋」で、箱根や小田原の新鮮な食材を使った懐石料理を提供している。

[広告]

 中村料理長は、和食の「白和(あ)え」から発想を得て「さつまいもと雑穀米の和風パンケーキ」を創作。さつまいも粉をベースに、黒米、赤米、うるち米、もちきび、押し麦などの粉をミックス。豆乳を加えて焼き上げている。

 上には、白ごまペーストを隠し味に白和えのような「豆腐クリーム」をのせて味にアクセントを付け、旬の柿、イチジク、巨峰、栗の甘露煮を彩りよくトッピング。さらに上には、紅葉に見立てたサツマイモを飾り、自家製のつぶ餡(あん)も添えて仕上げている。

 中村料理長は「今回のテーマが『カラダ癒されスイーツ』。そこで5種類の雑穀や豆乳を混ぜ合わせて、ヘルシーな新感覚の和風パンケーキを考案した。秋のフルーツと、豆腐クリームの相性がとても良いので味わっていただければ」と呼び掛ける。

 提供はホテル内の「ラウンジ・バー」。提供時間は9時30分~17時。価格は1,663円(緑茶・コーヒー・紅茶から1ドリンク付き)。1日20皿限定。11月11日まで。