見る・遊ぶ

小田原フラワーガーデンで「春バラ」五分咲き 150種のバラが競演

「これからは春バラが一番きれいなとき」と勧める中西七緒子さんと春バラ

「これからは春バラが一番きれいなとき」と勧める中西七緒子さんと春バラ

  •  
  •  

 小田原フラワーガーデン(小田原市久野、TEL 0465-34-2814)で色とりどりの「春バラ」が五分咲きとなり来園者を喜ばせている。

中西さんは「13日で五分咲き。5月中旬~5月下旬が見頃。ぜひ来園を」と呼び掛ける

 約150品種350本が植栽され、見頃には一斉に咲き誇る「春バラ」。株を大きく育て、「つるバラ」を壁面に配置して立体的な演出を施し、人が見やすい高さに花が咲く工夫が施されている「バラの花畑」の中にいるように観賞でき、バラに近づいて香りを楽しめる。

[広告]

 今年は5月中旬~5月下旬が見頃となり、小田原フラワーガーデンが一番華やかな時期を迎える。同時期に、紫アタマの巨大ネギ坊主といわれる「アリウム・グローブマスター」も咲き、バラと競演する。

 春のローズフェスタ期間中(6月2日まで)の土曜・日曜は各種イベントを開催。バラのジェラートなどのスイーツ、バラ苗やバラグッズなどの土産類も用意する。

 小田原フラワーガーデンの中西七緒子さんは「これからは春バラが一番きれいなとき。この華やかに香る自慢のバラ園で、心癒やされるひとときを過ごしていただければ」と話す。

 開園時間は9時~17時。入園無料。

  • はてなブックマークに追加