見る・遊ぶ

小田原で「風魔忍者ショー&忍者修行体験」 戦国時代の小田原の魅力を体験

小田原市観光協会の朝尾直也さんは忍者姿で「風魔忍者を知ることで小田原の歴史的な魅力に触れていただければ。ぜひ参加を」と呼び掛ける

小田原市観光協会の朝尾直也さんは忍者姿で「風魔忍者を知ることで小田原の歴史的な魅力に触れていただければ。ぜひ参加を」と呼び掛ける

  • 0

  •  

 小田原市観光協会は、戦国時代の小田原北条氏を影で支えたといわれる「風魔忍者」を多くの人に知ってもらうことを目的に「風魔忍者ショー&忍者修行体験」を10月16日~12月5日の土曜・日曜限定で開催する。

戦国時代の風魔小太郎に思いを寄せて「風魔忍者ショー&忍者修行体験」

[広告]

 風魔忍者は、戦国時代の約100年にわたって小田原城を拠点に関東一円を治めた小田原北条氏に仕えた忍者一党といわれている。風魔一族の頭領は代々「風魔小太郎」を名乗り、最も華々しい忍び働きを行ったといわれるのは五代目とされている。北条氏の滅亡後、約430年たった現在でも、その姿はベールに包まれているが「風魔忍者」へ愛着を持つ人は多い。

 その一人が小田原市観光協会の朝尾直也さん。「小田原の魅力や風魔忍者をPRするのが仕事」と言いつつも「忍者姿が妙に似合う」と評判になっている。忍者姿の朝尾さんは「土曜・日曜限定のため期間を長く設定して参加しやすいようにして、延べ10回開催する」と話す。

 「風魔忍者ショー&忍者修行体験」では、「風魔忍者ショーチーム」がショーを披露する。「米山流殺陣(たて)術」は殺陣師の米山勇樹さんが代表を務める団体。合気道をベースにした殺陣で、無駄な力をなくし最小限の動きで自分の力を最大限に発揮できる技を身につけているという。公演日は10月16日・17日・30日・31日、11月13日・14日・27日・28日、12月4日・5日。

 「超級動作班with紫忍軍」は、ドラマや映画、舞台などで活躍する超級動作班と、忍者カフェ浅草の店長率いる紫忍軍がタッグを結成して登壇。スピード感のある溢れる忍者アクションを披露する。公演日は10月16日・17日・30日・31日、12月4日・5日。

 「シノビゼロ」は、実際にテレビや映画などで活躍中のスタントマンを中心に忍者ショー公演や忍者体験を主とした和のアトラクションを提供するグループ。どのシーンを切り取っても「和絵」になるショーを目指しているという。公演日は11月13日・14日・27日・28日。

 「忍者修行体験」は、手裏剣、弓矢など、風魔忍者になりきって忍術修行を体験する。修行体験で一定の条件をクリアした場合には景品も進呈。朝尾さんは「風魔忍者を知ることで小田原の歴史的な魅力に触れていただければ。ぜひ参加を」と呼び掛ける。

 開催場所は、小田原市観光交流センターにぎわい広場(小田原市本町1)。風魔忍者ショーの観覧、忍者修行体験共に無料。雨天時は中止する場合がある。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース