見る・遊ぶ

小田原・一夜城でイルミネーション大茶会 小田原城では北条市や風魔忍者修行体験も

豊臣秀吉の華やかで豪快な世界観を黄金色のイルミネーションで演出する

豊臣秀吉の華やかで豪快な世界観を黄金色のイルミネーションで演出する

  • 5

  •  

 小田原ツーリズムと小田原市は、石垣山一夜城と小田原城の2会場を舞台に12月18日から、「一夜城×小田原城令和に蘇る小田原合戦~一夜城イルミネーション大茶会と小田原城北条市~」を開催する。

「風魔忍者教室ちびっこ忍者体験」も開催

 小田原市のシンボルである「小田原城」と「石垣山一夜城」。小田原城は城下を囲む総延長9キロに及ぶ総構(そうがまえ)を持つ難攻不落の城といわれ、北条氏の本拠。その小田原城を、豊臣秀吉が攻略するための本陣として総石垣で築いたのが石垣一夜城。記録によれば80日前後で築城しているが、まるで一夜にして完成させたかのように見せて、戦闘意欲を失わせる狙いがあったことから「一夜城」と呼ばれている。

[広告]

 豊臣秀吉は、石垣山一夜城に千利休を呼んで茶会を開き、余裕を誇示して小田原城の開城を実現させている。この歴史的な物語と華やかで豪快な世界観を、黄金色のイルミネーションで演出するのが「一夜城でイルミネーション大茶会」。小田原合戦の夜の宴を再現する。

 一方、小田原城では、かつて戦国時代に北条氏が領国同士の連携や経済発展を促すために月に6回行っていた「北條六斎市」を、伝統工芸など多彩な出展者が集まる「北条市」として再現する。19日には「馬上弓くらべ」、20日には小田原市内の上府中公園で毎月行われている市内で人気のクラフト市「カミイチ」と同時開催する。夜は二の丸広場のライトアップも行われる。

 併せて、小田原城を拠点に関東一円を治めた北条氏を陰で支えたとされる「風魔忍者」による子ども向けのイベント「風魔忍者教室ちびっこ忍者体験」を開催する。小田原城での忍者学習、忍者謎解き体験、NINJA館見学などのコンテンツで行われる。

 1月3日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース