見る・遊ぶ

箱根芦ノ湖畔・水陸両用バスから紅葉 例年より1週間遅れるも色づき始まる

紅葉が始まる箱根の山々を芦ノ湖から眺められる「水陸両用NINJAバス」

紅葉が始まる箱根の山々を芦ノ湖から眺められる「水陸両用NINJAバス」

  • 0

  •  

 暖かさが続き1週間ほど遅れていた紅葉が先週から気温が下がり色づきが加速し、箱根園の稲葉健二さんは「ここに来て寒い日が続いたため深い色合いになり芦ノ湖畔の今年の紅葉は期待できそう」と話す。

「水陸両用NINJAバス(NINJABUS WATER SPIDER)」

[広告]

 10月初めから色付き始めた箱根の山々。10月後半の気温低下により多彩な色合いに変化。「近年では見ごたえのある秋になるのでは」の声も挙がる。稲葉さんは「この1週間で神山などの箱根外輪山が鮮やかな色になった。湖上から見る紅葉がお薦め。移動しながら見る紅葉は視点が次々に変わり感動的。箱根園から出航する『水陸両用NINJAバス』で楽しんでいただければ」と話す。

 芦ノ湖畔から始まる箱根の紅葉。季節の移り変わりに合わせて芦ノ湖畔から標高の低い地域に移動する。人々はこれを「紅葉の山下り」と言葉にし、春の「桜の山登り」と併せて使われる。紅葉は箱根芦ノ湖畔から始まり、宮城野や宮ノ下、強羅などを経由して箱根湯本まで下る。その頃には芦ノ湖畔で冬が始まる。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース