暮らす・働く

小田原城の人気者、ゾウの「ウメ子」のレリーフ設置-ゾウ舎跡に思い出残す

幼いころのウメ子をモデルにしたレリーフ。鼻を上げて見物人に水をかけるいたずらをしていた

幼いころのウメ子をモデルにしたレリーフ。鼻を上げて見物人に水をかけるいたずらをしていた

  •  

 小田原城址公園にあったインドゾウの「ウメ子」のゾウ舎が解体され、跡地にウメ子のレリーフが設置された。

小田原城址公園象舎跡の本丸説明版

 ウメ子は1950(昭和25)年、推定3歳で小田原へやって来た。その後60年近くもの間、小田原のシンボルとして市民や観光客に親しまれたが、2009年9月、推定62歳(当時の国内最高齢で人間の年齢に換算すると約100歳)で死亡した。

[広告]

 レリーフは1956(昭和31)年に西村楽天氏から寄贈されたもの。ゾウ舎は3月14日から解体が始まり、整地後に小田原城本丸の説明版の設置とともに下の石張り部分にレリーフを埋め込んだ。