見る・遊ぶ

「箱根ガラスの森」にクリスタル・ガラス7万粒のツリー-キャンドル点灯も

クリスタル・ガラスのツリー「アベーテ(もみの木)」

クリスタル・ガラスのツリー「アベーテ(もみの木)」

  •  
  •  

 「箱根ガラスの森美術館」(箱根町仙石原、TEL 0460-86-3111)で現在、電飾を使わないクリスタル・ガラスのツリー「フラッシュツリー アベーテ」を展示している。

 ツリーは高さ約10メートル、幅約8メートルのもみの木をイメージして作成したもの。カッティングを施したクリスタル・ガラスを約7万粒使う。太陽光を取り込んで7色に輝く様子を楽しめ、「絶好の写真スポット」だという。

[広告]

 同館は震災以降入館料をワンコインにし、被災地へ送るなどの取り組みを続けてきた。展示中のクリスマスツリーには電飾を使わず、太陽光で輝かせることで電力消費の削減につなげる。

 12月1日からは庭園内に約60個のキャンドルホルダーと約180個のランタンを置き、明かりをともす「トワイライトキャンドル」を実施。ツリーとキャンドルとの幻想的な風景を楽しめる。時間は16時~17時30分。

 開館時間は9時~17時30分。入館料は、大人=1,300円、大高生=1,100円、小中生=800円。展示期間は12月25日まで。

  • はてなブックマークに追加