暮らす・働く

小田原の旧三福で「フーズボールゲーム」イベント-1970年代製の台を使用

「フーズボールバー」の様子

「フーズボールバー」の様子

  • 0

  •  

 フリーランスのためのコワーキングスペース「旧三福」(小田原市内栄町)で1月10日、「フーズボールバー」と題したイベントを開催する。

「フーズボールバー」の様子

[広告]

 「フーズボール」とはテーブル・フットボールのことで、サッカーを基本として作られたテーブルゲーム。アメリカではサッカーをドイツ語で「フーズボール(foosball)」と呼んでいたことからこの名前が一般化。世界大会なども行われている。

 同イベントでは、1970年代のアメリカ製フーズボールの台を使用して開催される。ゲームでありながら「かなりアツくなる。負けず嫌いなところに火をつけられる感じ」と前回の参加者は話す。

 主催する旧三福の山居是文さんは「フーズボールはただのテーブルゲームと侮るなかれ。毎月1回のイベントでは、翌日に筋肉痛になる人が出るくらい白熱の試合が繰り広げられている」と話す。「今後も毎月1回のイベントとして定着化してしいく予定」とも。

 開催時間は19時。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース