食べる 見る・遊ぶ

湯本富士屋ホテルで「北海道の美食とワインのマリアージュ」

総料理長の手による会席

総料理長の手による会席

  •  

 湯本富士屋ホテルが2月12日、ソムリエによる料理に合うワインのワンポイントセミナーが付いたイベント「北海道の美食とワインのマリアージュ」を開く。

湯本富士屋ホテルの渡部武夫総料理長

 この時期ならではの北海道の味覚を一堂に集め、湯本富士屋ホテルの渡部武夫総料理長の手による会席コースとソムリエが選ぶワインを味わうグルメ企画。

[広告]

 酒菜、御造り、焼物、焜炉(こんろ)、蒸し物、中皿、食事、水菓子から成る会席コースで、「酒菜7種」「北海道鮮魚盛り合わせ」「キングサーモン西京焼き」「真鱈・しらこ・めんめ・昆布舟盛り」「おまかせ握り寿し」が渡部料理長のお薦めという。

 同ホテルの真野浩明さんは「総料理長が作る本格的な会席料理。かなりの自信作なのでお薦め。会席とワインとのマリアージュを味わっていただければ」と話す。

 開催時間は11時30分~。料金は1万2,000円(北海道産白ワイン1ドリンク付き)。