暮らす・働く

山北町で恒例「田んぼアート」の田植え 酪農を始める島崎薫さんを応援

今年、酪農を始める島崎薫さん

今年、酪農を始める島崎薫さん

  •  

 小田原足柄異業種交流勉強会のプロジェクト「おだあし田んぼアート」が田んぼアートのための田植えを山北町谷峨で6月2日に行う。

田んぼアートの下絵(田んぼの形に合わせて作画)

 今年のテーマは、山北町で酪農を開始する島崎薫さんの「山地(やまち)酪農」への応援。タイトルを「はじまるよ島崎薫ちゃんの山地酪農」とした。山地酪農とは、山で放牧をして乳牛を育て、自生する数多くの牧草を食べさせることを大切にした酪農法。自然の中で育った牛から搾った牛乳は「味が濃くおいしい」と注目を集めている。

[広告]

 島崎さんは、相模原生まれ。東京農業大学の北海道オホーツクキャンパス(網走市八坂)に入学し、「食品科学」を専攻。在学中に岩手県で営まれている山地酪農に出合い、自然の中で自然の牧草を食べている牛の姿に感動。卒業後、山地酪農を推進している「中洞(なかほら)牧場」(岩手県岩泉町)に就職。4年半かけて山地酪農の基礎を学び、夢だった自らの牧場を作るため退社し、山北町に拠点を移して準備を進めている。

 当面は中洞牧場の協力を得て、牛5頭からスタート。ソフトクリームを作る際の素材となる「ソフトクリームミックス」を主力商品とする予定。準備作業を始めた頃に「おだあし田んぼアート」のメンバーと出会い、田植えや収穫イベントに参加していた。

 「おだあし田んぼアート」コアメンバーの志村成則さんは「夢に向かって進む若い人を応援することになり、島崎薫さんの思いを田んぼアートで描くことになった。山地酪農を多くの人に知らせることにもなるのでは」と話す。

 田んぼアートで描くためのデザインや下絵づくりを、絵本や挿絵、キャラクターなどのデザインで知られるカマキリアートさんに依頼。今までにない新鮮な図案が完成した。測量は昨年同様、測量士ケンさんが担当した。

 田植え当日は、8時から参加者の受け付。お田植祭(9時~)、田植え(9時30分~)を行い、終了後に、田んぼミニ運動会(11時30分~)も開催し、13時ごろ解散する予定。

 志村さんは「恒例の田植え。島崎さんを応援するイラストを田植えで描く。ぜひ家族で参加してもらえれば」と呼び掛ける。