食べる 見る・遊ぶ

タカトシさんや温水さんが路線バスでぶらぶら旅 晩秋の箱根と夜の小田原を満喫

「タカトシ温水の路線バスで!晩秋の箱根×夜の小田原」は箱根・芦ノ湖よりスタート(写真提供=フジテレビジョン)

「タカトシ温水の路線バスで!晩秋の箱根×夜の小田原」は箱根・芦ノ湖よりスタート(写真提供=フジテレビジョン)

  •  

 フジテレビ系列で人気のある番組「ぶらぶらサタデー」の2時間スペシャル「タカトシ温水の路線バスで!晩秋の箱根×夜の小田原」が11月24日15時30分より放送される。

ロープウェイで絶景を楽しむ

 ごく普通に極めて自然に旅を楽しむ「ぶらぶらサタデー」。今回は、「晩秋こそ行きたい箱根」と、「知られざる小田原の夜」の魅力をぶらぶらと旅体験する内容。ゲストにはガダルカナル・タカさんを迎え、ハプニングあり、笑いあり2時間。

[広告]

 旅は、芦ノ湖よりスタート。足湯カレーパン、絶景ロープウェイ、大涌谷での寿命が延びる黒たまごなどを巡る。足湯のあるパン屋では、パノラマで広がる芦ノ湖を眺めながら足湯と朝食。「まさに至福のひととき」の様子が収録されている。

 自然薯(じねんじょ)料理を目指し「山藥(やまぐすり)」の店を目指す一行。至高の昼ごはんも味わった後、箱根湯本の路地裏で美人芸者とのひととき。その裏側もリポートして夜の小田原へ。万能薬「ういろう」と菓子「ういろう」との意外な関係を知り、「鯵だし桶ラーメン」を味わうなどして旅を楽しむ。

 小田原や二宮地域ではテレビ番組の取材は、「ノーアポでいつも突然やってくることが多くなった」と話されている。他局の取材を受けたことのある店主は「店でぼーっと油断しているとロケ撮影隊が店前にいたりする。でもロケ撮影隊が来ると店内が明るくなりにぎわって楽しい。そして思い出にもなる」と話す。

 数多くの番組の取材を受けているマツシタ靴店の松下善彦さんも「来月、100周年を迎える準備で感謝セールの商品の発注や、POPの制作などで忙しくやっと一段落してホッとしている時に店頭に明るい笑い声が聞こえてタカトシさんと温水さんが店にやってきた」と話す。

 松下さんは、小田原や箱根のことが取材されて放送されることは地域の活性化に役立つと考えている。「取材したくなるような商品や話題作りに努力することが、結果として商店街や店の繁栄につながる」と話す。