見る・遊ぶ 買う

小田原で恒例の「まちなか軽トラ市」 自分たちのアジトとなる秘密基地づくりも

「小田原まちなか軽トラ市」(前回の様子)

「小田原まちなか軽トラ市」(前回の様子)

  •  

 小田原で恒例の「小田原まちなか軽トラ市」がテーマを「秋だよ!全員集合!軽トラ市」として11月25日に小田原駅東口 銀座通り南街区で開催される。

アーティストの朝比奈賢さんと御幸奈穂子さん行う「とうめいな秘密基地にえがこう!」

 小田原の商店街イベントとして定着してきた「軽トラ市」。会場となる銀座通り南街区は、小田原駅東口から徒歩7分と近く、銀座通り交差点から平井書店までの区間に、軽トラックによる話題の店舗や、注目商品を取り扱う既存店舗が出店する。

[広告]

 会場内には特設ステージも設置され、カホンなど民族楽器メインにした「小田原ディジュミー」の演奏、ブラスバンド演奏など各種の催しが行われるほか、小田原Laboratory(ラボラトリー)による「ストリートラウンジ」も開設。謎解きクイズラリーも行われる。

 今回、注目されるのが「おだわら・コドモ・アート」。大磯で「アートを通して世界とつながる」をテーマに活動をしている「大磯アートハウス」が「軽トラ市」に出張。アーチストの朝比奈賢さんと御幸奈穂子さんが「とうめいな秘密基地にえがこう!」を行う。商店街の中に、自分たちのアジトとなる「秘密基地」を参加者とともに透明なビニールで作り上げる斬新なイベント。

 朝比奈さんと御幸さんがお勧めの企画で、「参加者は4歳から(4歳以下は保護者同伴)だが、参加した大人が本気になりアジト作りに没頭。お子さんより楽しんでいる」と朝比奈さん。「アジト作りにうずうずしている方々、ぜひ」と呼び掛けている。

 開催は10時~13時30分。