見る・遊ぶ

小田原フラワーガーデンに「着物女子」 和装で観梅イベント

着物女子が小田原フラワーガーデン「渓流の梅園」に華を添える

着物女子が小田原フラワーガーデン「渓流の梅園」に華を添える

  •  

 200品種480本の梅の花が見頃となった「小田原フラワーガーデン」(小田原市久野、TEL 0465-34-2814)で、恒例イベント「集まれ!きもの女子!」が、咲く花数が最も多くなると予想される2月24日に開催される。

着物で入園すると、梅だれ餅と梅せんべいをのせた「梅しるこ」のサービスも

 毎年好評の観梅イベントで、満開の梅を楽しむため和装に身を包んだ人々が入園し、華やかなにぎわいを見せる。

[広告]

 当日、着物で入園すると、オリジナルの梅だれ餅と梅せんべいをのせた「梅しるこ」の試飲サービスが受けられるほか、スタッフも着物でお出迎え。併せて、着物姿で「梅園ガイドツアー」を行う(11時~、13時30分~の2回。当日受け付け。参加無料。定員30人)。

 特別企画として「梅を観(み)ながらごゆるり庭茶」も開き、ごゆるり茶会の天利宗昌さんが渓流の梅園内の東屋で梅を眺めながら呈茶する(11時~、13時30分~の2回。参加費は500円。定員は先着30人)。

 「集まれ!きもの女子!」を運営する中西七緒子さんは「梅の花の美しさを着物姿で楽しむ企画。観梅する人々の着物の色や柄で華やかさが増すはず。ぜひ来園を」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~16時。