3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

小田原で子ども主役のイベント 居場所と充実した時間を提供しにぎわう

3月11日に開催された第1回「BLEND『PLAY』PARK」。子どもたちの興味を引き付けるコンテンツを用意

3月11日に開催された第1回「BLEND『PLAY』PARK」。子どもたちの興味を引き付けるコンテンツを用意

  •  
  •  

 子どもたちが楽しみながらひとときを過ごせるイベント「BLEND『PLAY』PARK」が3月11日、小田原市国府津の海岸に面した木造倉庫「BLEND PARK」で開催され、にぎわいを見せた。

「綿あめ」は子どもたちの注目を集めた

 休校に伴い遊びや集いの場所を失った子どもたちに「居場所」を提供する「BLEND『PLAY』PARK」。キャンピングカーでデニム商品の販売と修理を行うDenimman(デニムマン)の新倉健一郎さんが、「子どもたちの居場所づくりをしたい」と呼び掛けると賛同者が20人を超え、1回目の11日には10の店舗や団体が参加して開催された。

[広告]

 子どもたちを預かるのではなく、子どもや家族が楽しめるコンテンツを提供し時間を過ごしてもらう。子ども向けワークショップ、キッズメニューのサービス、遊びやゲーム、ダンス、スポーツなど多彩なプログラムを用意。各参加者が、子どもたちを飽きさせない工夫をして開催する方針。当日は天候にも恵まれ、多くの子どもたちやファミリーが参加。会場には、楽しむ声や笑顔があふれた。

 18日には2回目を予定しており、「ものまねアーティストあべたけしショー」「ムーヴメントセラピーで身体も心もリラックス」「待ちよみ絵本講師内田早苗の絵本読み聞かせ」「海岸でヴェールダンス体験」「Tennis Dio湘南のキッズテニス&フレスコボール体験」「あしがら園芸 presents 綿あめ」「プロフィールカメラマンおおばのりこの親子写真」などが参加。

 ワークショップでは、「Natulife のLiveハンドメードリング製作キッズリング」「milimiliのアロマバスボムワークショップ」「バルーンショップwith-Bのかわいい風船」「墨遊ぶじゅんの楽しいキッズワークショップ」「片浦手作りキッズクラブのワークショップ」「Larimarのカージェルキャンドル作り」「スタジオKのジャンケンdeミニカープレゼント」「M×Mのキッズアクセサリーワークショップ」が行われる。

 飲食では、「箱根クレープ」「ワンダフルのピラフ&唐揚げ」「蕎麦茶屋正庵の『かえし』で味付けしたおむすび」「パン工房きいろの地元野菜や果物を使ったパン販売」が出店する。

 開催時間は11時~16時。3月25日も開催を予定している。