3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

箱根登山鉄道の動画作品「ワクワクが、帰ってきた。」、全面再開前にアクセス増

プロモーションムービー「ワクワクが、帰ってきた。」の一場面

プロモーションムービー「ワクワクが、帰ってきた。」の一場面

  • 65

  •  

 小田急箱根グループが箱根登山鉄道の再開を記念して企画・制作したプロモーションムービー「ワクワクが、帰ってきた。」へのアクセスが、7月23日の営業運転開始を前に増えている。

困難な工事を遂行した関係者

 箱根登山鉄道に乗車した際の「ワクワクする気持ち」をテーマにした短編作品「ワクワクが、帰ってきた。」。物語は、箱根登山鉄道に憧れ乗りたいと願い続けている少年の姿から始まる。

[広告]

 その願いを2019年10月の台風19号が打ち砕く。箱根登山鉄道は、倒木や土砂崩れにより一部線路の流出など甚大な被害を受け、箱根湯本駅~強羅駅間の運休を余儀なくされた。その光景に小さな胸を痛める少年。見守る祖父母と両親の優しいまなざしが描かれる。

 物語では、いよいよ運転再開の日に少年の願いがかない強羅駅に向けて出発する。駅係員・乗務員や復旧工事関係者のほか、地元の旅館や飲食店の従業員など多くの人々の笑顔と共に、少年と家族を迎えていくストーリー。

 当初、全線運転再開は2020年秋ごろまでかかるとされていた。これに対して「何とか早い再開を」と沿線の住民が協力。施工時間を可能な限り延長することになり工期が早まった。降雪や凍結など冬季工事特有の支障が少なかったことも、運転再開の前倒しにつながった。

 作品には、塔ノ沢、大平台、宮ノ下、小涌園、彫刻の森、強羅地域の人々が協力して出演している。撮影は、緊急事態宣言解除後の6月下旬に行い、出演者やスタッフは消毒や検温を徹底。待ち時間などはフェースシールドやマスクを着用して行い完成させたという。

Stay at Home