見る・遊ぶ

東京と伊豆を結ぶ「踊り子」から185系車両引退 湘南と伊豆を走る姿に惜しむ声

小田原漁港に近い早川駅を通過する185系「踊り子」

小田原漁港に近い早川駅を通過する185系「踊り子」

  • 35

  •  

 東京と伊豆(修善寺・伊豆急下田)を結ぶ特急「踊り子」で活躍した185系車両が2021年春のダイヤ改正でE257系(リニューアル車両)に変更され、国鉄時代から運行されてきた185系が引退する。

E257系「踊り子」

 主に観光客を乗せた185系「踊り子」が小田原駅に入線するとレンズを向ける人も多く、惜しむ声も聞こえる。小田原駅を出発すると、漁港に近いJRの駅として知られる早川駅、木造駅舎のファンも多い根府川駅、真鶴駅、湯河原駅(一部停車)を通過して熱海駅に到着する。

[広告]

 伊豆急下田行きは、熱海から伊東経由で伊豆急行線に、三島駅で修善寺行きは伊豆箱根鉄道駿豆線に入る。そのため「踊り子」は、JR東日本、伊豆急行、JR東海、伊豆箱根鉄道が連携して運行される特別急行列車となる。

 併せて、東京や新宿と小田原間の通勤を支えていた「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」は新たに「湘南」となり、こちらもE257系に統一され、小田原駅から定時運行による185系車両の姿が来春に消える。
※一部加筆しました。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース