買う

ビンテージ感覚の「ダックマスク」発売 小田原のジーンズ移動販売店主がサポート

ビンテージのダック生地を再現した「ダックマスク」

ビンテージのダック生地を再現した「ダックマスク」

  • 101

  •  

 若きデニム職人・嵯峨貴裕さんのブランド「SAGA DENIM」が、デニム縫製技術で作る「デニム マスク」に続き、ビンテージのダック生地を再現した「ダックマスク」の製造・販売を始めた。

ワークウェア感満載のヴィンテージダックマスク

[広告]

 嵯峨さんは、ジーンズ職人を目指してジーンズの「洗い加工」を得意とする大手メーカーの協力企業に就職し8年かけて技術をマスター。その後、ジーンズの縫製工場に移り、ミシンと格闘。合わせて14年間、ジーンズ職人としての腕を磨き続けてきた。

 「そろそろ自分のブランドを作りたい」と思っていたときにマスク不足が発生。「自分のブランドとして製造してみよう」と決意。ブランド名を「SAGA DENIM」とした。息苦しさを軽減し、不織布やガーゼを入れてフィルターとしての機能もできるように「立体型マスク」として完成させたところ人気を得た。

 小田原や湘南でジーンズ商品の移動販売を行う傍ら、ダックマスクの販売を担当し完成まで数多くの助言をした新倉健一郎(Denimman)さんは「デザインと縫製の良さが評価された。一品一品丁寧に作る姿勢も好感を持たれ常に品薄。現在も売れ続けている」と話す。

 その「SAGA DENIM」から第2弾のマスクが登場した。ネーミングは「ダックマスク」。ビンテージのダック生地を再現した生地を使い、アメリカの老舗ワークウエアブランド「CARHARTT(カーハート)」を参考にしてオリジナルのデザインと縫製手法で製造。「ダック生地でありながら柔らかさを大切にして製品化している」という。

 リベットにもこだわりを持つ。無垢(むく)の銅製リベットを使っているため、ダック生地の経年変化に合わせてリベットの変化も楽しめるようにした。当面、生地は「ブラウンダック」を使うが、今後バリエーションも計画しているという。

 新倉さんは「一つ一つ手作り。しかも縫製に高い技術と手間が必要なため、予約後の納入時期については待っていただく必要がある。待っても価値ある一品。ワークウエア感満載のビンテージダックマスク」と強調する。

 価格は3,300円。予約は「Denimman(デニムマン)」で受け付ける。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース