見る・遊ぶ

南足柄市の長井清高さんの庭に咲く藤が見頃に 藤棚作らず立ち木造り

南足柄市千津島にある長井清高さんの庭に咲く7種類40本の藤が見頃を迎えた(撮影=2021年4月20日・小澤宏さん)

南足柄市千津島にある長井清高さんの庭に咲く7種類40本の藤が見頃を迎えた(撮影=2021年4月20日・小澤宏さん)

  • 9

  •  

 今年も南足柄市千津島にある長井清高さんの庭に咲く7種類40本の藤が見頃を迎え、里山にきれいな姿を見せている。

藤棚を作らず立ち木造りの自然な姿の藤を楽しめる

 長井さん宅では藤棚を作らず立ち木造りにしているため自然な姿で咲き誇り、多くの人に感動を与えている。今から50年前、父親の故・高平さんが山から移植し、40年間かけて育てた藤。妻の光枝さん(87)と家族が受け継いで育てている。

[広告]

 花後にできる豆鞘(まめさや)や枯れた花房をつけておくと木が弱くなるため、こまめに取らなければいけないほど繊細な藤。光枝さんは「手入れはとても大変。でも来ていただいた人に『きれいですね』と言われるととてもうれしく、また頑張ろうという気持ちになる」と話す。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース