暮らす・働く

小田原・清閑亭でひな祭り企画-数寄屋造りの建物でコレクション展示

小田原のコレクター所蔵のもので展示品の中で最も古いおひなさま

小田原のコレクター所蔵のもので展示品の中で最も古いおひなさま

  •  
  •  

 旧黒田侯爵家小田原別邸である清閑亭(小田原市南町、TEL 0465-22-2834)で2月11日から、「清閑亭 雛(ひな)祭り」が開かれる。

 期間中、数奇屋造りの建物にひな人形のコレクションと老舗の商家「小西薬局」「江嶋」の由緒ある人形や、市民が製作したつるしびななどを飾り付ける。段飾り一点と、その他多数を展示する予定で、最も古いのは110年前のものだという。

[広告]

 クラシックコンサートやティーサロン、ちりめん細工、ひなめぐりなどのイベントも同時に開催する。参加には開催日を確認の上、事前の申し込み・料金が必要。

 2月11日~3月6日は「雛のオープンウィーク」として一般開放する。

 開催時間は11時~16時。期間中は火曜定休。3月3日まで。

  • はてなブックマークに追加