食べる 暮らす・働く

「第3新東京市土産 ジオフロント直送 西瓜饅頭」、箱根町で限定販売へ

加持リョウジが営むスイカ畑のイメージ ©カラー

加持リョウジが営むスイカ畑のイメージ ©カラー

  •  
  •  

「ヱヴァンゲリヲン×箱根町」プロジェクトの一環として、「第3新東京市土産 ジオフロント直送 西瓜饅頭」が3月19日より、箱根町の取扱店舗限定で販売される。

「可逆式意匠梱包箱」

 販売するのは、前回の箱根補完計画から「NERV謹製饅頭 箱根二子山」を販売している「しいの食品」(小田原市成田、TEL 0465-36-5511)。今回販売の「西瓜饅頭」は、第3新東京市の地下にあるとされるジオフロントの「加持農園」で作られるスイカをイメージしたもの。緑の皮に焼き印のシマ模様、さっぱりとしたスイカ風味の餡(あん)と種に見立てたゴマが入っている。

[広告]

 特典としてオリジナルステッカーが2枚入る。ステッカーはEVAパイロットたちやネルフマークなど全部で8種類。容器は「可逆式(リバーシブル)意匠梱包(こんぽう)箱」と名付けており、折り返して再度組み立てると違うデザインが現れるという。価格は1箱1,050円(6個×2袋)。

 今月12日から旧仙石原中学校で行われるイベント「電力補完計画 in 第3新東京市立第壱中学校」の「購買部」での先行販売が決まった。イベント特別価格として1箱1,000円で販売する。

  • はてなブックマークに追加