見る・遊ぶ

湯河原美術館で「もみじライトアップ」イベント開催へ

昨年11月下旬の館内庭園の様子

昨年11月下旬の館内庭園の様子

  • 0

  •  

 湯河原町立湯河原美術館(湯河原町宮上、TEL 0465-63-7788)の日本庭園で11月25日・26日、「もみじのライトアップ」が行われる。

 湯河原ゆかりの作品を集める同館は老舗旅館を改装したもの。約800平方メートルの日本庭園を有し、四季折々の花や水琴窟(すいきんくつ)の不思議な音色を楽しむこともできる。池では、日本画家の平松礼二さんがモネ財団から譲られた「モネの睡蓮株」を育成しており、6月から9月ごろまで白い花を咲かせる。

[広告]

 紅葉の季節を迎え、夜の幻想的な風景を楽しむライトアップイベントを企画。夜間に開館し無料で庭園を開放する。同館の神山さんは「ライトアップの企画は初めての実施。庭園内の池周囲では水面に映るもみじや、常緑樹とのコラボレートがよりきれいに見える」と話す。現在、約40本の紅葉が色付き始めたところ。見頃は11月下旬~12月上旬まで。

 開催時間は18時~21時。美術館1階と庭園は入場無料。展示室観覧料は、大人=600円、小・中学生=300円。水曜休館。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース