暮らす・働く 学ぶ・知る

小田原で地域が元気になる脱温暖化全国大会 地域の経済活動と連携

地域が元気になる脱温暖化全国大会2016 in 小田原

地域が元気になる脱温暖化全国大会2016 in 小田原

  • 0

  •  

 「地域が元気になる脱温暖化全国大会2016 in 小田原」が10月21日・22日、小田原お掘端コンベンションホール」(小田原市栄町)で開催される。

主催者は開催に向けてセミナー開催を積み重ねてきた

[広告]

 「市民と経済界のつながりが地域を変える」をサブタイトルに掲げて開催される同大会。地域に目を向けて経済活動と市民とが連携して取り組む脱温暖化への挑戦を加速することを目的に行われる。

 初日(21日)のプログラムは、「プライマリーセッション」(10時~10時40分)で一般社団法人創発的地域づくり・連携推進センター(ECO-RIC)代表理事の堀口健治さんのあいさつで開会。引き続き「産官学民のつながりによる楽しいコミュニティーと脱温暖化」と題して群馬大学大学院の宝田恭之さんの提言、ECO-RIC酒匂川小田原支部の小山田大和さんによる「小田原開催の意義」と題した報告が行われる。

 セッションは、「小田原・箱根エネルギーコンソーシアムは地域を元気にする」(10時40分~12時10分)、「市民・地域のやる気を支える!~制度・地域でお金が回る仕組みの視点から~」(14時30分~16時)。全体討論会として「『環境』・『エネルギー』をどう「地域」づくりに活かすか?」(16時~18時)が行われる。その後、懇親会方式の特別セッション「食・エネ自給で小田原籠城大作戦 !」(18時30分~)が行われ1日目のプログラムを終了する。

 2日目(22日)は、「子どもたちのための地域のMI・RA・I~半径3メートルからはじめる暮らしかた革命をどう起こすか~」(10時~11時30分)が行われ、登壇者によるディスカッションが「小田原でのプラットホームをどう作るのか」をテーマに行われる。総括セッション「『心豊かな』く・ら・しにむけて今、私たちにできること」(11時30分~13時)が行われ、パネリストとして加藤憲一小田原市長も登壇する。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース